ローカルルール

甲子園浜沖 ローカルルール

地図で示すように、導流堤から東側は西野渡船さんの航路筋になります。
航路筋に入る場合には遠くから渡船が航行してきていないか、しっかりと左右(風上側と風下側)を確認をしてください。

接近する渡船の前を故意に横切らないようにご注意ください。

“ローカルルール” への3件の返信

  1. 故意に横切るセイラーは居ないと思います。事故が起こるのは舟が風下から来た時に起きます。基本的にセイラーは風上しか見ていないので風下から来る舟の接近に気付きません。なのでウィンドサーフィンを見かけたら警笛を鳴らして頂けるとセイラーも回避しやすいと思います。

    1. なるほどなるほど・・・宮川さんにも会議に出席していただいたらよかったですね。わざと前を横切るウインドサーファーはいないという事は〇〇渡船さんにもお伝えしておきます。

      その上でウインドサーフィンが渡船の航路筋を横断する時は、必ず風上側と風下側のどちらも安全確認することが必要だと思います。
      道路を横断する時に左右の安全を確認するのと同じですね。
      たった数秒の安全確認でトラブルを回避できます。

      多くのウインドサーフィンゲレンデで漁師さんが乗る漁船の航行が優先です。動きの読めない漁船を避けることに比べたら、決まった場所を決まった時間に航行する〇〇渡船さんを避けることは容易なことではないでしょうか。

      今回の〇〇渡船さんとの話し合いは関係各所の後押しを得てようやく実現しました。
      私は今回の話し合いがきっかけで両者が歩み寄って協調して海面利用していくことを願っています。

      みなさんのご意見もどしどし募集しています。
      よろしくお願いいたします。

宮川秀樹 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です