甲子園浜安全協議会

ウインドサーフィンやSUPといったマリンスポーツの安全対策や海難事故防止の救助活動と、甲子園浜での浜辺や海上でのルールやマナーの取り決めや指導を行っています。

沿革

1975年 甲子園浜でのウインドサーフィン海難事故防止に対する救助活動を関係者で連携して行うために浜甲子園に設立されました。

1980年代 甲子園浜で爆発的に増えたウインドサーファー人口によって起こってしまった迷惑行為が社会問題化した際には、ウインドサーファーを代表する組織として「甲子園浜安全協議会」が地元町会や行政機関との話し合いや調整を行いました。

1990年代 甲子園浜海浜公園の整備に伴い、沖地区の甲子園浜1丁目にウインドサーフィン専用ビーチの整備がなされ、安全協議会も現在の場所に移転しました。

2000年代 現在は甲子園浜ウインドサーフィン&SUPショップ3店舗のSEA YOU(シーユー)、SPOOKY(スプーキー)、LANAI’S BEACH CLUB(ラナイズビーチクラブ)に所属する約480名が会員となっています。

甲子園浜台風接近時のローカルルール

甲子園浜台風接近時のローカルルール
H30.8.05

台風の予報進路に入っている場合

1.沖でのセーリングは終日お控えください。
2.暴風警報発令後、黄色旗を浜に掲げます。みなさんで周知をお願いします。
3.およそ1時間で赤色旗を浜に掲げます。すみやかに浜にあがってセーリングを自粛してください。
4.暴風警報の発令がない場合でも、状況により早めにセーリング自粛のお願いをする場合があります。
5.それまで乗っていた方々に以下の台風対策のご協力をお願いします。

台風対策
1.モーターボートを近隣マリーナに避難する。
2.桟橋の台風対策の施行。桟橋にアンカーを増やして固定する。
3.レスキュー艇ゴムボートを近隣マリーナに避難する。
4.マリンジェットを陸揚げ固定する。

ご利用者様へのお願い
1.初心者は出艇を控えてください。
2.不適切な機材(セイルサイズ、古い機材)などでの出艇は控えてください。
3.沖でのセイリングは控えてください。
4.沖へ漂流する危険性のある場所(橋桁前など)でのセイリングは控えてください。
 ※上級者が引っ張らないでください。(図1参照)
5.レスキュー時には協力してください。
 レスキュー中はレスキュー艇の進路をあけてください。
 救助者の介護と、救助者の機材の運搬を手伝ってください。
6.赤旗掲揚後はすみやかにセイリングを中止して桟橋の台風対策、レスキュー艇の避難、マリンジェットの避難などの手伝いをお願いします。

図1

ご理解とご協力をお願いいたします。